物流会社の経営に携わる人は知っておくべき!物流会社M&Aのポイントなどを紹介します

このサイトでは、物流会社の経営に携わる人が知っておくべきM&Aのポイントなどをテーマ別に詳しく紹介しています。
不利益を被らないために、売却額を予想する力が必要であることや、効果的に経営コスト削減を狙うための考え方などを具体例を挙げて紹介しており、非常にわかりやすく情報をまとめているのが特徴です。
このサイトの情報を知っておくことで、実際に会社を経営する上で日ごろから注意すべき内容などを習得することができ、また効率的に事業を進める方法などを知ることができます。

物流会社の経営に携わる人は知っておくべき!物流会社M&Aのポイントなどを紹介します

近年では物流会社のM&Aが非常に数多く行われており、様々なケースが存在しています。
非常に多くの成功事例があることから、チャンスがあれば積極的に行いたいと考えている経営者も少なくありません。
しかし一般的にM&Aは様々な事業の統合や廃止などはついて回ることから、これらを冷静に判断しその価値を考えていくことが重要なポイントとなっています。
物流会社の経営を行う上では、日ごろからこれらの内容を十分に意識し、経営改善のタイミングを逃さないようにすることが重要です。

物流会社M&Aのポイントは顧客の拡大

物流会社がM&Aを実施する理由はさまざまですが、その中でも特に重視されやすいのは顧客の拡大です。
物流は依頼された件数の多さが売上高に直結します。
しかし、製品を販売するビジネスとは異なり、宣伝活動で知名度を大きく高めることは困難です。
地道な活動によって評判が広がっていき、依頼が多くなっていくという流れがあります。
とはいえ、それほど悠長にしていられないという物流会社も多いです。
シェアを飛躍的に高めるには、すでに持っている顧客の層を足していくことが基本になります。
その代表的な手段がM&Aであり、両社が囲い込んでいるターゲットを統合できます。
そのうえでサービスの質を高めていけば、囲い込みからの離反も防げるでしょう。
理論的には、次々と買収と併合を繰り返すことで、ターゲットを拡大していけます。
そうしてシェア上位に食い込めば、必然的に知名度のアップも可能です。
ただし、やみもくもに実施すると物流会社としての特徴があいまいになるので気を付けましょう。

物流会社M&Aで事業規模を拡大すれば広いエリアを網羅できる

物流業界は今非常に多忙を極める事態となってます。
昨今のネット販売やフリマアプリの普及により猫の手も借りたい状態になっているのです。
中小零細企業の物流会社も多く、競争も激化しているのも事実です。
大手は非常に安い費用で請け負うので、それに中小企業は対抗できず廃業や倒産に追い込まれることも珍しくはありません。
そこで物流会社のM&Aも多くなっているんです。
こうすれば社員を英ストらする必要もなく、ドライバーや社員の安心できる労働環境を確保できます。
そしてM&Aは最短で事業を拡大で来てしまいます。
大手傘下に入ればそれだけで一気にエリアを広げることも可能となるんです。
そうすることで競合他社に互角に争うことも出来るようにもなります。
ただ事業規模も拡大しても、少子高齢化でドライバーの確保など人材を確保することが非常に難しくなっている状況です。
それに代わるAI化なども物流会社は検討していかなければいけません。

物流会社M&Aで後継者不足を解決

近年、中小零細企業において後継者不足問題が顕在化しています。
事業を継いでくれる人材がいないということで、仕方なく廃業してしまう会社が少なくありません。
とくに物流会社では人不足問題は深刻です。
事業を継承してくれる人がいないどころか、普通の従業員を雇うのに困ってしまうケースもあるほどです。
跡継ぎがいなければ、もう事業継続を諦めるしかないと考えるのは仕方ないことですが、非常にもったいないと言わざるをえません。
会社を潰してしまうと、そこに蓄積されたノウハウも消滅してしまいますし、解雇された従業員も路頭に迷ってしまいます。
後継者がいない物流会社を救う一つの方法として、M&Aの活用があります。
つまり事業をどこか他社に売却するという方法です。
上手くM&Aをすることができれば、跡継ぎ問題は一気に解決しますし、従業員の雇用も守られますし、売り主にはいくばくかのお金も入ってきます。
どうせ潰すくらいなら、売却した方が絶対にお得です。

物流会社M&Aは専門家に相談するのが一番安心感がある

物流会社は荷物などを運ぶときに活躍する会社になりますから、ビジネスの中でもかなり重要な役割を担っています。
物流会社は荷物をかなり遠くまで運ぶことができますから、いろいろなビジネスをするときに欠かせない存在です。
中継地点などを確保することで、スムーズに事業を効率化することができますが、基本的にはM&Aをすることで簡単に目的を達成することができます。
買収や合併をすることで既存の会社を自分の会社にすることができますから、新しく作ることなく中継地点などを確保することが可能です。
実際にM&Aをする場合は最初に専門家に相談するのが大切であり、専門的な知識を豊富に持っているのでメリットだけでなくデメリットについても詳しく説明を聞くことができます。
専門的にサポートしてくれる会社には専門家が存在しますから、そのような会社を最初に見つけていくのが大切になります。
難しい内容もサポートを受けることによって、安心して目的を達成することができる筈です。

著者:北政弘

筆者プロフィール

北海道札幌市生まれ。
大学卒業後M&Aアドバイザーとして活躍。
問い合わせの多い物流会社のM&Aについてポイントをまとめました。
物流会社のM&A詳細